スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

播種6月初旬

6月1日
5月に新規開拓地(第二桃幸園)の第一回の土起こしを行い、ようやく6月初旬に整地が進み畑らしくなってきた。 大型機械の投入が天候と協力者の都合で随分遅れ5月下旬になってしまった。 春先に作っておいた苗もポットの中で育ってはいたもののなかなか定植が出来ずに弱ってしまっていた(苗作りの土も一般には肥料の入った土を使用するが、桃幸園は完全無肥料の為狭いポットの中では養分生成が足りない)。 写真では遠くて見えない奥のほうに苗が多く植えつけてあるが、一度ポット内の養分不足で生育が止まっている苗が多いので、定植後の生育はあまり期待できないのが現状だ。 しかし地温が上がってきているのでできる物は撒きなおす事にし、種を再購入した。

栽培予定(播種済みの野菜、生育は自然条件次第)
マクワ瓜、平成り隠元、肉厚ピーマン、白もちトウモロコシ、ゴーヤ、枝豆、地這え胡瓜、スイカ(自家採種)、南瓜(撒き直し)、ミニトマト(一部撒き直し)、ズッキーニ(撒き直し)、ナス(期待薄)、四葉胡瓜、オクラ(自家採種)、小松菜(群馬のお寺で自家採種、自然農法種子)、ミニ人参(間違って小松菜の上に撒いてしまった)、野沢菜(伝統野菜)

近日中に播く種
楕円形の小玉スイカ、だだ茶マメ、越谷隠元(自然農法者が長年自家採種)、ミニ大根など。

上記20種以上(全て無消毒種子の固定種)を予定しているが、全ての工程が遅れているので収穫は全く未知な状況。

皆様気長にお待ちください。

桃幸園 代表


テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

種の選び方 初級

種の選び方は、初めのときは育ちやすい物を選びましょう。(夏野菜)

マメ科の野菜は育ちやすく簡単です。枝豆、インゲン、平鞘インゲン、絹さや、豌豆など。 収穫後は根を引
き抜き、外へ捨てる事をお勧めします。

ミニトマト、胡瓜、スイカ、オクラ、南瓜、なども育てやすいです。 つるが這う胡瓜や、スイカ、南瓜は場
所を広く必要としますので、狭ければ胡瓜はネットで育てれば大丈夫。 ミニトマトは支柱を立ててトマトの
重みで倒れないようにします。 他にもゴーヤなども強く育ちます。

葉物については、小松菜類、レタス類は今から撒いてちょうど良いと思います。


大谷は標高が高いので、種の裏に書いてある冷涼地の播種期を見るようにしてください。




 

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

那須の野菜人: この農法はいまだ栽培関係者間では全否定、失礼ですが顔・名前は伏せさせて頂きます。

Author:那須の野菜人: この農法はいまだ栽培関係者間では全否定、失礼ですが顔・名前は伏せさせて頂きます。
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。