スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件!

残念な事件が起きてしまった。
春になり一斉に周りの田んぼに水を張り出した。 私の管理している畑はもう2/3ほど植えつけも終わり、後は発芽を待ち、間引くだけ。 と思っていたのに、前の田んぼが良く管理されておらず、田の縁か欠落しあふれ、私の管理している畑に大量に入ってしまった。 まだ聞いてはいないが、おそらく肥料は撒かれているに違いない事と、水を入れる前に田の側面を綺麗に固く塗る事を行っていないようだった。 これでは隣の私の管理している畑に地下での浸水は必至と考え、この畑はあきらめる事にした。又秋に(田の水が抜かれる)家庭菜園用には使えるかと考えている。 

 早速社内の地元の人達に声をかけ、自然農法の研究を行える立地と条件に合う場所を探しまわった。 少々日当たりが悪く、東の太陽が木に邪魔され日がささない場所を見つけ、地元のおばちゃんと、地主さんに頼みに行き、承諾を得た。 既に土地は確保できた。 日当たりを考えると200坪くらいかなと地主さんは言っていた。 これでも天の声に聞こえた。 ここならば猿もいないので、トマトや胡瓜も作る事が出来る。

土地を大きな耕運機で耕起してもらうのは5月の終わりあたりになるそうだ。 地主さんのほかの土地を耕起するときにやってくれるそうだ。 牛飼いさんなので耕運機の大きさが半端じゃない、今の背の丈以上の植物達もあれにかかったら、一発! 刈り倒さなくても大丈夫だ。

少々遅れるが夏野菜は6月に植える事にし、今は苗作りに励む事にする。

 皆さん少し待っていてください。桃幸園
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

那須の野菜人: この農法はいまだ栽培関係者間では全否定、失礼ですが顔・名前は伏せさせて頂きます。

Author:那須の野菜人: この農法はいまだ栽培関係者間では全否定、失礼ですが顔・名前は伏せさせて頂きます。
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。