スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑の冬支度200912月

白色糸状菌が元気
12月27日
雪が積もる事も多くなり、チャンスを逃すと畑の冬支度が出来なくなりそうなので、27日天気もよく、ようやく雪も解けたので、畑の冬支度を決行しました。

 無肥料栽培の畑は微生物群が多いと考えられ、それらには餌を与えなくては死んでしまいます。 気温が氷点下になると菌類はほぼ活動しなくなり、唯一高炭素資材(ススキ・木材チップ)を分解する白色糸状菌(キノコ菌)だけせっせと活動しています。 この写真はマルチをはずしたとき土の表面に見えていたもので、キノコ菌がススキをしっかり覆っています。 これが土を団粒化し他の微生物の餌となる物質を作ります。 
 
 私の畑では一つの畝に数種もの野菜を植え込んだために、収穫し終わる場所がいっぺんに一畝と言う分けにはいきません。 ですのでこの時期になってようやく栽培区画の75%のマルチをはずし、大量の木材チップを撒き、耕運機で鋤きこみました。 それでもまだ ちじみ菜、人参、ほうれん草、葉大根、来春用の のらぼう菜、キャベツ2種、菜の花などは残しています。 これで後は部分的に収穫したところにチップを鋤きこみ、来年まで冬越しです。
スポンサーサイト

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

那須の野菜人: この農法はいまだ栽培関係者間では全否定、失礼ですが顔・名前は伏せさせて頂きます。

Author:那須の野菜人: この農法はいまだ栽培関係者間では全否定、失礼ですが顔・名前は伏せさせて頂きます。
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。